--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-05(Tue)

大分県内限定ですがラジオ出演


ちょぼらクラブの兄貴分、リーダースクールが
OBS大分放送のラジオに出演。

昨日、収録をいたしました。

後藤さんという、とても素敵なアナウンサーさん。
事務所の男性たちは「前は髪がなげかった(長かった)はずや」と
うきうきざわざわしていました。

リースクの6名がインタビューなどされ、
リースクに入ったいきさつや、
Yチャレで大変だったことなどしっかりと答えてました。

自分たちがリースクに入って成長したこと。
を、ひとりひとりが話しているのを聞いて
自分で感じてくれてるんだなぁ。とホロリ。

そんなMickeyでしたが、最後にMickeyからみた
子どもたちの成長ぶりをお話することになり

少しだけ出演いたします。

放送は4月11日(月)と18日(月) 
21:00からの番組の中で放送だそうです。

収録の様子はOBS大分放送局の
後藤アナウンサーのブログ
に掲載してくださってます。

最後にみんな(事務室を含め)で
後藤アナウンサーと写真撮れば良かった―!!
と、大変悔しがったのは、
事務室のおじさま方でした。。。


スポンサーサイト
2011-04-01(Fri)

春は旅立ちの季節。


春。別れと出逢いの季節。

センターでも、3人の事務局員さんとお別れです。

センターの設立当時から事務局として
センターの柱として支えてきてくれたやよいさんと

6年もの間、サポーターだったり、事務局だったりと
色々な立場で子どもたちの体験活動を支えてくださった
ようこさん

4年間、エンジニアとして活躍後、実家の農業を継いで
そんな多彩な経験から、様々なアイディアと技術をもって
センターの技術部門を一手に担ってたごぼうさん

センターはこの3人によってしっかり支えられていました。

・・・これからは、どうなるのか。。。

しかし、新しく「みつみさん」が事務局にやってきてくださり
新しい年もスタートです。
また新しい船で出航です。

幸い3人の皆さんも強力なサポーターとして
今後もセンターに関わってくださるので
寂しい。という感じではないし。

それぞれの皆さんの今後のご多幸をお祈りします。
本当にお世話になりました。
お別れ

追伸 ごぼうさんは湯布院で「蕎麦処竹苑」のご主人となります。
   現在改装中だそうですが、G.W.前には新装開店だそうです。
   湯布院にお立ち寄りの際には、立ち寄ってみてください。
   

2011-03-26(Sat)

届け、みんなの心。

19日の由布院駅前募金作戦と
20日のY.Y.チャレンジでの活動で
集まった義援金を、確実に届けるため、
ちょぼらクラブの代表と
リーダースクールの代表とで
由布市役所へ持っていきました。

義援金は数えてみると
170,639円。

みなさんの温かい心の集まりが
ぎっしり、ずっしり。

市役所に行くと、由布市の
首藤市長さんが時間を取ってくれて
直接受け取ってくださいました。

ちょぼちゃんと市長さん

そして、由布市がいま被災地への支援で
どんなことをやっているかをお話しいただき、
2日間で17万円ものお金を集めたことは
「すごいこと」だとお褒め頂きました。
そして最後に、
「届けてくれてありがとう。みなさんの気持ちは、
確実に被災地へ送らせていただきます。」
と約束してくださいました。

よろしくお願いします。

ちょぼ&リースク&由布市長さん


2011-03-23(Wed)

Y.Y.チャレンジ2011!!

さて、ちょぼらクラブ、
リーダースクールとリーダースクールOBの
最強タッグによる実行委員会が準備してきた
Y.Y.チャレンジ2011が
3月20日、いよいよ当日を迎えました。

Yチャレ

Yチャレ実行委員さん

舞台にあがった実行委員さんたち。
中心は高校生のリーダースクールでピンクのTシャツ。
青いTシャツはちょぼらさんとOBです。
(この舞台にはOBさんたちはあがってませんけど)

Y.Y.チャレンジは、子どもたちの体験交流まつり。
日ごろ磨いていることの発表や
色々な体験をして、面白いことを見つけてもらおう。
というものです。
DSC06474r.jpg

科学道場

バルーンアート

まんが道場

少ない来場者でしたが、予想よりは多くてよかった!

今回のYチャレの目玉は、大分のヒーロー
パワーシティーオーイタのショー

高校生と動画を見て、ちびっこたちがきっと喜ぶはず。
と、来て頂けるようにお願いしたんですが、
お礼があまりできません。という事実もあり
どうかなぁ・・・。と思ってたら
快く引き受けてくださいました。

会場の後ろで見ていましたが、
周りを見ると、興奮しているのは子どもたちでなく
実行委員のみんなも。。。
携帯で写真撮りまくり、応援しよう!!という声に
「がんばれー!!」とマジで叫んでました。

パワーシティーオーイタ

すごくカッコよかったです。
ストーリーもとても良くて、途中でホロリとする場面も。
これで生計立ててない。というのがびっくりです。

それで、後ろから見てたので、椅子から頭が出る頭数を数えたら、
意外と会場に人が少ないなぁ。こんなに面白いショーなのに。
と、残念に思ってました。

でも、握手会が始まったら小さい子たちが「わらわら」と
どこからともなく現れ、、、
あ、ちっちゃいから椅子から頭が出ないわけだわ。
握手をしてもらって子どもたちはとっても嬉しそう!!

ホント、パワーシティーオーイタさん、
来てくださってありがとうございました!!

パワーシティーオーイタ集合

さて、会場では実行委員さんが
食バザーや、フリーマーケットや
募金活動などなどで奮闘。
特に全ての収益を、震災の義援金として送りたい。
という思いで今回のYチャレを実行したわけで
熱の入れようはかなりのものでした。

食バザー

フリマ

Yチャレ募金

Yチャレも無事に終わり、義援金として届けたいと
集めたお金もびっくりするくらい。
来場して頂いた方々に多大なご協力を頂きました。

前日の募金と合わせると、なんと2日間で約17万円。
中高校生がたった2日間で、そんなに集められるとは・・・。

と、びっくりのサポーターMickeyでした。




2011-03-22(Tue)

温かい心をたくさん頂きました。

さて、19日のこと。
20日に行われる『Y.Y.チャレンジ』の準備の合間に
中学生ちょぼらクラブと高校生リーダースクールで
JR由布院駅で募金活動をいたしました。
ちょぼら募金活動

事前にJR由布院駅の駅長さんに
敷地内で募金活動をする許可を頂きに行きましたが
「大きな声で呼びかけてもいいから」
と快く許可して頂きました。

当日は特急列車の到着に合わせて、
2班に分かれて駅に立たせて頂きました。

第1班は女の子が多かったので元気でしたが
第2班は男の子が多かったので、
最初は小さい声で「お願いしまーす」
としか言えませんでした。
でも、たくさんの方が立ち止まって
募金してくださるうちに
大きな声で呼びかけ、
大きな声で「ありがとうございます」と
言えるようになりました。
ちょぼら募金活動2

頑張ってね。
偉いね。
と励ましのお声もかけて頂き、
しかもパトロール中のパトカーからも
スピーカーを通して
「お疲れさん、頑張ってください」と
声をかけて頂き、
たくさんの気持ちまで頂いた彼ら。
本当にありがとうございました。

ちょぼら募金活動3

さて、今回の秘密兵器として、
YYチャレンジの準備をしていた彼らが
大分の応援団鳥で、
おおいた国体のマスコットであった「めじろん」の
着ぐるみを倉庫から引っ張りでして来ました。

これを着て募金に立ったらどうかな。

と、全員で駅まで運び(かなり重たいです。)
中学一年生の身長の低めな優太くんがかぶりました。
とても可愛らしいめじろんで、とても人気!
めじろん募金


(着ぐるみはは、帰りに背の高いりょうすけ君がかぶりましたが、、、
めじろんの下からにょっきり出る長い足と胴体とのバランスが悪く、
みんなから「気持ち悪い」と不評でした(笑))

優太君は、かなり重たい着ぐるみをきて
彼だけ2時間立ち続けてくれました。
めじろん募金2

翌日のYチャレでも募金活動をいたしました。
皆さんのたくさんの愛を頂き、
募金だけで7万円を超えるお金が集まりました。

湯布院に来てくださった方々が優しい気持ちで
ちょぼちゃんたちに預けてくださったお金は
確実に被災地にお届けします。
本当にありがとうございしまた。

めじろん募金3

めじろん募金4

めじろん募金5
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お天気どうかな?

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。